image

「のどが痛い時は大根おろしに蜂蜜をかけて食べなさい」
祖母から母へ、母から私への教えは、立派な薬膳でした。

薬膳とは

薬膳とは

正式名称は中医営養薬膳学

 「薬膳」という言葉が生まれたのは1980年代で、まだ若い概念です。そのため、その考え方を正確に学んでいる人々の数が少なく、勝手な解釈が一人歩きしているところも見られます。

薬膳料理って?

 紀元前2000年という想像もつかない昔から、古人たちが積み重ねてきた経験から成り立っている中国伝統医学の理論に基づき、季節やその人の体調に合わせて作る料理のこと。病気を予防して健康を維持したり、症状を回復させたり、目的を明確にしてつくられます。

 薬膳と聞くと、いわゆる漢方の生薬や薬草など、特殊な食材を使った料理を想像される方が多いようですが、そうではありません。重要なのは、「中医学理論に基づいている」という点です。逆に、ただやみくもに生薬を使っただけでは薬膳料理とは言わないのです。

すべての食物に“効き目”がある

 薬膳において大事な考え方は、すべての食物に効能があるということ。私たちが普段から当たり前のように口にしている穀物や野菜、肉、魚などにはすべて効能や性質があり、長い歴史の中での経験に基づき、分類されています。

 例えば、カラダを「温める」「冷やす」の分類(四気)、気を「昇らせる」「降ろす」、内に「収斂する」外に「発散する」などの性質、どの味がどのようにカラダに影響するのか(五味)に加え、食物それぞれに様々な効能を持ちます。

 薬膳とは、食物が持つ効能と性質をうまく組み合わせ、効率よくカラダのバランスを整える料理です。

すぐに効く?

 トマトを食べるとすぐに体調が良くなる、かぼちゃを食べると冷え性がすぐに改善する、というような直接的効果を連想する方がもいるかもしれませんが、それは薬膳の考え方ではありません。季節に合わせて、また食べる人の体調を鑑みて、適した食物で料理をつくって食す。これを習慣として取り入れることで、体調を良い状態に保つ、病気にならないようにする、というのが薬膳本来の考え方です。

 病気を治療する専門的な薬膳もありますが、基本的には西洋医学で処方される薬のように、“すぐに効く”という考え方はしないのです。

薬膳のキホン

身土不二の精神

 薬膳を考える時、「身土不二」が基本にあります。人のカラダは生まれた土地の自然環境とは切り離せないものであり、生まれ育った土地の食物を食べることが健康を保つ秘訣であるという意味です。季節によって旬をむかえる食物を、伝統的な調理法で料理に仕立てて食べる。昔はそれが普通の食事体系であったことは言うまでもありません。

 自分が暮らす土地で、同じ気候、同じ風を感じながら育った作物が、一番パワーを蓄えた旬を迎えた時、感謝を持って食する。カラダにいいのは当然かもしれません。